最新ファッション

2011年02月28日

シーズン イチゴ狩り

何かと狩りが好きです。

これから暖かくなれば狩りに行けそうなところが増えてきます。

個人的にたけのこ狩りも楽しいですよ。

小さなお子様連れもこれなら行けそうですね。


県内最大のイチゴ産地である海老名市で、イチゴ狩りがシーズンを迎えている。同市中河内のイチゴ園「ストロベリーハウス」は通路が広く、少し高い位置で栽培されているため、ベビーカーや車いす利用者も楽しめる。

 同市では作付面積7ヘクタールで年間263トンを生産。かつては多くの農家がイチゴ狩りを営業していたが、現在は数軒に減った。

 「ストロベリーハウス」では1月から6月中旬ごろまで楽しめる。営業は土日・祝日。開園前に赤く実っているイチゴの分量に応じて、入園者数を決めるという。園主の宮内清隆さん(56)は「丹精込めて育ててきたイチゴ。皆さまのお越しを待っています」と話していた。問い合わせは同園電話046(238)2750。







http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000010-kana-l14
posted by ホット at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

高い評価

輸入に頼っていたが、明るい兆しがみえてきたようだ。

今後もドンドン日本の技術を活かしてほしい。


秋田県小坂町の小さな精錬所が、2011年世界の「最も革新的な企業」の14位にランクインした。

 米ビジネス誌「Fast Company」が発表したトップ50によると、第1位がアップル、2位ツイッター、3位にフェイスブックといった、世界の「超」有名企業ばかりが名を連ねる。日本企業では、電気自動車「リーフ」の一般市場向けの販売が評価された日産自動車が第4位で最高位だった。

 そんな中に登場したのが「小坂製錬」。1884(明治17)年創業という、銅や鉛の精錬や硫酸の製造を手がける会社で、DOWAホールディングス傘下のDOWAメタルマインの事業子会社だ。

■スクラップから年間1万トンの銅

 小坂製錬について、「Fast Company」誌はスクラップになった古い電子機器や廃棄された携帯電話などから、金や銅、アンチモンなどのハイテク機器に使われている無数の貴重な金属を抽出することができる、と紹介している。

 秋田県小坂町は明治時代から鉱山で栄えた。金、銀からやがて銅や亜鉛が中心になり1990年代まで存続した。DOWAグループ発祥の地でもあるが、採掘の中止とともに過疎化が進行。町の動脈で、小坂製錬と大館市を結んでいた小坂貨物線も2009年に廃線となるなど、周辺はすっかり寂れてしまった。

 そんな町にある小坂製錬の転機は3年前。閉山後も輸入鉱石によって銅や鉛を精錬してきたが、そのウエートを下げてリサイクル事業主体に大きく舵を切った。国内のみならず、海外からもパソコンや携帯電話の基盤類や、廃電線などのスクラップを集めて、そこから金や銅、レアメタルを抽出する。いわば、貴金属回収とリサイクルの事業である。

 DOWAホールディングス(HD)によると、小坂製錬で採り出される金属の多くは銅で、スクラップなどから年間1万トンを生産するという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000005-jct-bus_all
posted by ホット at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

長崎名物  なんとアイスと同じ味に

おもしろい発想のドロップ。

長崎といえば、カステラも有名。

一度ちりんちりんアイスを食べてみたい。


長崎名物「ちりんちりんアイス」を販売している外尾冷菓(西彼杵郡時津町)が、同アイス味のドロップを販売し話題になっている。(長崎経済新聞)

 ドロップは、1960(昭和35)年創業の同社が50周年を記念して昨年開発した商品だ。ちりんちりんアイスの原液をそのまま使い、販売しているアイスと同じ昔懐かしいミルク味を再現した。同社3代目社長の小坂元一さんが新商品を開発したいと市内の業者に相談し、ドロップが誕生した。

 眼鏡橋や平和公園など長崎の観光地やイベント会場に出没する移動屋台で販売している同アイス。ちりんちりんアイスを販売する会社は同社を含め長崎市内に4つある。

 同社で販売を担当するのは、アイスを売って数十年というおばあちゃんたちだ。中でも眼鏡橋付近を担当している徳永初子さん(86)は30年近くアイスを作り続けているベテランで、コーンの上にバラの形のアイスを作ることで有名になった名物おばあちゃん。徳永さん目当てに眼鏡橋を訪れる人も多いという。ドロップのパッケージには眼鏡橋と徳永さんの写真が使われている。今年の冬は寒さが厳しかったため、徳永さんには休んでもらっているという。  

 「知り合いに試食してもらったとき、ドロップを1つ口の中に入れって『おおっ』と声を上げ、アイスと同じ味に驚いていた。お土産に気軽に持って帰れる長崎名物のドロップスができた」と小坂さんは自信をみせる。  

 市内の土産店などで販売しているが、生産数が少ないため希少性が高い商品となっている。価格は315円。次回生産時には移動屋台での販売も予定。








http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000029-minkei-l42
posted by ホット at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。